ブログ
勝手
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29日総裁先生街頭演説(1)11:00 京都・河原町駅前
29日総裁先生街頭演説(1)11:00 京都・河原町駅前

 京都の皆さん、こんにちは。お元気ですか。はい。暑い夏もいよいよ、選挙戦も今日で最後になります。公示日の最初の第一声を京都駅の前で始め、最終日も京都にやってまいりました。私は心より京都を愛する人間です。この町が末永く人々の心のオアシスとして、長く日本精神を支え続けることを心より願っております。ありがとうございます。

 私が今日、皆さま方に訴えておきたいことの一つは、教育問題です。今、世間では、覚せい剤の問題や麻薬の問題、それからもちろん学校での非行や、またいじめ、いろいろな教育の荒廃があります。世の中の何かが狂ってきています。荒んできています。この下にあるのは、やはり根本的な教育観の問題だと私は思います。何が一体、どこで間違ったのか。それを考えなくてはなりません。私は、この教育観において間違っているものの根本に2つあると思うのです。

 その第一点は、今の日本国憲法の中において、信教の自由が保障されているのにも関わらず、その付帯条項の中において、「国及びその機関は宗教教育をしてはならない」という言葉が入っています。この言葉が、実は宗教を性悪説的にとらえて、世の中の人々は宗教というのは距離を取らねばならないものだと考える原点、根拠になりがちであります。とくに、国及びその機関でもないのに、マスコミもまた、宗教教育、宗教に対して非常に性悪説的な考え方をとっております。この日本国憲法は、非常に問題があると考えております。国の基本は教育です。教育から直していかねばならないんです。

 もう一点、皆さまに申し上げたいことがあります。この私の愛する京都ですけれども、京都では残念ながら、いや残念ながらといっては申し訳ないかもしれないけれど、共産主義が非常に強いんです。まことにまことに昔から不思議に思っています。でも、おそらく本当はですね、京都の人間がマルクスが好きなわけではないと私は思うんですよ。はい。それは多分、アンチ東京であり、アンチ近代化主義だと思うんですよね。その気持ち、古いもの、古いよきものを愛する心、古い日本を愛する心が、共産主義のほうに転化しているのではないかと思うのです。

 なぜならば、共産主義の祖であるマルクスは「宗教はアヘンである」と言ってますね。アヘンとは何だっていうと、皆さま方の心をむしばみ、麻痺させるものですね。ですから、この世に対して何らかの解決も求めない、この世において少しの幸福感も得られない人たちが、アヘンでその日を紛らわすということが、宗教の本質だと彼は言っているんですよ。
 
 しかし、これは今、覚せい剤や麻薬がはやっているのと同じにですね、今、「宗教は覚せい剤である」「宗教は麻薬である」と言ったらどうですか。宗教を信じる人たちは怒るでしょう。この京都は、神社仏閣で、皆さん、ご飯を食べている土地ですよ。だから信仰心を否定されては、とてもじゃないけれど、人間として生きているのは恥ずかしいことですよね。

 信仰心は大事です。信仰心を自信を持って言う資格があるのは、この京都ですよ。ですから、私はね、共産主義が全部悪いとは言いませんよ。弱者に優しいところはいいと思いますよ。それは認めます。それから非常に理論的で、時の権力に対して理論的に非常に厳しい批判をするところ、これなんかも非常によいところだと思いますよ。そういうところは認める。ちゃんと認めるところは認める。しかし、宗教をアヘンだとか、今でいえば覚せい剤だとか麻薬であるかのようにいう言い方は、絶対に許せません。

 宗教は人間にとって非常に大事なものです。今必要なのは、むしろ、この正反対であって、宗教立国の精神こそ、大事なんです。戦後日本を荒廃させている原因は、宗教不在の教育にあり。宗教不在の国論にあり。宗教を無視するマスコミにあり。だからこの考えを根本から変えるには、京都が立ち上がるしかないんです。京都は日本人の心のふるさと、魂のふるさとです。京都を否定して、日本なんか存在できません。

 あのアメリカ軍だって、京都だけは爆撃できなかったんですよ。京都を爆撃したら人間として認められないと思うから、どうしても爆弾を落とすことができなかったのが京都なんですよ。ですから、あなた方には心の底から、魂の底から、誇りを持ってほしい。日本の精神を支えているのは京都である。だから、京都からこそ、教育の革命は起きねばならない。京都からこそ、幸福維新は起きねばならない。私は強くそう、信じるものであります。

 私の愛する京都のみなさん、京都がんばれ! 京都がんばれ!他にも立派な候補者は他党にもいると思います。知っていますよ。地元の有力者はたくさんいますよ。先ほど、伊吹文明さんが、立派な事務所持っていました。あれ、東京の港区で、私も港区で一緒なんですよ。あの前で、ポリスボックスが立っていて迷惑しましたよ。東京でも有名ですけれども、京都は、自民党、民主党、共産党、いろいろ強いところはございますけれども、宗教を大事にする京都であるならば、宗教団体を母体として成立した、この幸福実現党。宗教法人幸福の科学は仏教精神を根本にしております。その仏教精神を根本にした政党が日本を変えていくのが、正しい日本の繁栄する姿であるんです。

 そうして、これから将来の日本が荒廃することなく、学校教育やゆとりの名のもとにおいて、いじめが横行したり、学力低下が当たり前であるような、そんな未来は、どうか避けたいんです。いいですか。京都から日本を変えていきますよ。京都がんばれ! 京都がんばれ! 京都がんばれ! 最後まで、最後の最後まで京都、がんばってください!

 地元の候補者、「北川智子(きたがわさとこ)」さん、京都の出身ですけれども、非常に人気があります。いろんなものにも取り上げられています。ぜひ、応援してほしいと依頼を受けました。この方もいじめ問題や教育問題に対して、非常に強い熱意を持っている方です。きっと皆さまの期待にこたえて、この京都を変えていけると思います。心の底から支援したいと思います。どうか、彼女をよろしくお願いします。

 最後にもう一度言わせてください。私は京都の皆さんが大好きです。私は京都を愛しています。京都がんばれ! 京都がんばれ! 京都がんばれ! 幸福実現党がんばれー! 最後の最後まで戦い抜きます。ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カウンター





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。