ブログ
勝手
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28日総裁先生街頭演説(1)10:50 和歌山県・紀伊田辺駅前
28日総裁先生街頭演説(1)10:50 和歌山県・紀伊田辺駅前
 和歌山3区の皆さん、こんにちは。本当に、来れてうれしいです。今日、特別に和歌山3区に入れたのも、湊侑子(みなとゆうこ)候補の評判がとっても良くて、地元で善戦していると聞きまして、それならばやっぱり行かざるを得ないということで、昨日の夜は東京有楽町で街宣しておったんですけれども、有楽町から和歌山までやって参りました。はい、ありがとうございます。

 この地元・和歌山というのは、聖地である高野山があります。高野山を開いた弘法大師は、四国の香川県の出身です。私はお隣の徳島県の出身ですけれども、和歌山にはよくフェリーでやってきておりました。フェリーの甲板に立って、紀伊水道を眺めておりますと、いつも、何か世の中の役に立つことをしたいなという気持ちがふつふつとわいてくるのを止めることができませんでした。はい。かつて、弘法大師ができなかったことも、今回は大川隆法がきっと、やってみせます。ありがとうございます。

 弘法大師だって、香川県ではため池を作り、和歌山では霊場を開きました。事業家です。国づくりができる人です。宗教家にだってできるんです。私たちにも新しい国をつくる力があります。ありがとうございます。ありがとうございます。

 特にこの地元、和歌山3区においては、若者が少なくて、老人の方が、人口が増えていると聞いております。そうであればこそ、50代、60代、70代かもしれないけれども、そうした議員を選ぶよりも、ピチピチの26歳の若い女性を国会に送れば、この町は若返るのは間違いございません。間違いなく若返ります。湊侑子に惹かれて、若い男性もやってきます。若者の街を作ります。若者が来れる町に変えます。そうすれば、お年を召された方も心配はなくなりますよ。若者が来れる町、新しい産業、喜んで住める町、そういう町を作らなければならない。そのために私たちは、この地元に、プリンセスみなとを送り込みました。頑張ってくれることだと信じてやみません。

 彼女の新しい発想、若い発想、未来への発想が、きっとこの地に新しい力を与えてくれます。ありがとうございます。そして、みなさま方に、夢と希望を与えてくれます。地元では地元にあった幸福の実現に取り組むことが、私たち幸福実現党であります。

 まあ、大きくは北朝鮮の核ミサイル問題とか消費税を0パーセントにするというのは、全国的に取り組んでおりますけれども、その地元、地元で必要なことに取り組むのが、私たちの方針です。幸福を実現するために、どんなことにも取り組んで参ります。ありがとうございます。

 先ほど、タクシーの運転手さまが話していたという話も聞いたのですが、みなと候補はですね、とても人の意見を聞いてくれる、人の話を聞いてくれると、庶民の目線にたって話を聞いてくれるということを言ってくれていました。とても嬉しかったです。私たちは皆様の声に、耳を傾けて、この町を、この地方を良くするために頑張ります。力一杯やります。道路をひくくらい、別に大臣じゃなくたってひけるんですよ。そのくらい簡単にひけますよ。

 空港に着いて、こちらに来てみると、どうもこの地はやはり、観光にも向いているけれども、やはり、私たち幸福実現党の母体であるところの宗教法人幸福の科学では、全国にこれから老人ホーム等も建設していこうと思いますけれども、この地はとってもいい。とってもいいところですね。(老人ホーム等の)開発には向いていますね。景色もいいし、空気もいいし、食べ物もおいしい、ね。

 産業も、もっともっと復活させなければなりません。漁業にも力を入れなきゃいけない。日本は食糧自給率、今、40%から1%増えて、41%っていうところですけれども、マグロはなんと地中海から(輸入して)飛んできている。空を飛んでマグロがやってきている。そのマグロもクジラと一緒で、もうすぐ、絶滅するから捕らないようにしようという規制が世界中でかかってきている。さらに、タコやイカはアフリカから(輸入して)来ているんですよ。ですからこれからは世界の人が魚を食べますので、漁業資源も日本では大変苦労するようになってくると思います。ですから、もう一段のテコ入れが必要です。未来のある産業に変えていく必要があると、強く考えるものであります。

 ですから、幸福実現党は皆様の意見を吸い上げ、よく聞き、みなさまの幸福をこの世限りではなく、あの世にちゃんといけるところまで面倒見ますよ。生まれた時から、高野山に入るまで、しっかりと皆様が幸福の道を歩めるように押し進めて参ります。しっかりみなさんの声を受け止めて、いい政党にします。ぜひとも、この地元からみなと候補を勝たせてください。全国的に有名になりますよ。大物代議士たちをうちやぶる、26最の新人女性、輝ける星です。和歌山の誇りになります。関西の力にもなります。

 おまけに、私幸福実現党総裁、大川隆法も、もともと東京比例の1位で出るつもりだったのが、近畿に変えて、近畿ブロック1位で出ております。どうもありがとうございます。

 ですから、皆様が日曜日に、比例区で、幸福実現党、あるいは幸福党と書いたら、その1票は大川隆法に1票入ります。大川隆法は近畿代表で入っているんです。ですから、みなさん方のお力に、必ずなれます。我々は政党としての力も、宗教法人としての力も両方持ってます。両輪なんです。必ず人々を幸福にしてみせる。そうした決意でもって、今やっています。

 具体的幸福を起こすために、政治をするために、政党をつくってやろうとしているんです。まだ新しい政党ですけれども、世の中新しいものがみんな、いいじゃありませんか。50何年も経った政党、10数年経った政党、ちっとも新しくありません。今年できた政党、いいじゃないですか。もう、何でもできますよ、新しいことが。だから新しい町づくり、新しい国づくり、幸福実現党にお任せいただきたいと思います。どうか、最後の最後まで、皆さん、よろしくお願いいたします。彼女を国会に送ってください。お願いします。ありがとうございました.
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カウンター





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。