ブログ
勝手
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22日の総裁先生街頭演説 広島市内
22日総裁街宣 午後3時20分 広島本通駅前 

広島のみなさん、こんにちは。
ただいま、ご紹介にあずかりました、幸福実現党総裁、大川隆法です。
ありがとうございます。
暑い中、多数のみなさんにご参集いただきまして、まことにまことにありがとうございます。

さて、先ほどから候補者も話をいたしておりましたけれども、幸福実現党の主要政策の
一つに、外交・防衛問題がございます。

ここ広島と言うところは、毎年8月には非常に注目されるところであります。
平和都市でもあり、原爆記念の月を迎えるということで、世界から注目を受けるところであります。
その式典が全国に、また世界に中継されることも多々あります。

ただ、私は一点申し上げておかなくてはいけないことがあるのだと思います。
それは一体何であるか。
ここで言っておかなければいけないのは、原爆は落とされた方が悪いのか、
落とした方が悪いのか、これをはっきりさせていない。
毎年毎年、この儀式をやってはいるけれども、落とした方が悪いか、落とされた方が悪いか、
はっきりしていないんです。
私は言います。
神仏の目から見て、私は言います。
原爆は、落とした方が悪い。落とした方が絶対に悪い。
それは国力が大きいか小さいかによって、善悪が変わるものではありません。
落とした方が悪いんです。
これをはっきりしないと、今言っている北朝鮮問題も結論がわからないのです。
原爆はやはり落とした方が悪い。人道に対する罪です。人類に対する罪です。
使ってはいけない道具なんです。

ですから、みなさんに私、申し上げておきたい。
幸福実現党は、ともすれば、右翼かウルトラ右翼のように誤解されることもあるけれども、
そうではありません。
私は戦争のない積極的な平和な世界を作りたいと思っているんです。
そのためには、悪い心を持った指導者が出てきたならば、いち早くそれを警告し、
抑止することが大事であると訴えているんです。
いいですか。そういうことなんですよ。

ですから、金正日、北朝鮮問題、先ほど話をしていたようでございますが、同じなんですよ。
ですからアメリカが原爆を落としたことに関して、いまだ一度も反省をしていませんけれども、
「アメリカがやっていいことを、我らがやって何が悪い」と思っているところがあるんですよ。
確かにアメリカはその後、日本の経済的繁栄や、日本を助けるために努力しました。
その間、数多くの友情を結ぶこともできました。
私たちは日米同盟、日米関係は非常に大事だと思っています。
これからも基軸であると思います。
日本を守るためにも、ぜひ必要であると思います。

しかし一点、やはり原爆を作り、落とすことは間違いである。
もちろん水爆も間違いであるということは言っておかねばならない。
今、オバマ大統領がロシアとアメリカの核兵器削減について話し合いをしています。
まことに結構なことです。
しかし、この両国とも、地球を何百回も破壊できるほどの核兵器を持っておりますから、
削減交渉をするのは当たり前のことです。
むしろ遅すぎたぐらいです。それはそれでよろしい。

しかし、忘れているものがあるでしょうが。それは北朝鮮と中国です。
この二つの国、核兵器をまだまだ持ち、日本に対する潜在的脅威となり、
日々その怖さを増しているものがございます。
彼らに対しても、「やはり核兵器は持つべきではない、削減し、廃止
できるものは廃止せよ」という明確なメッセージを出すべきであります。

ですからどうか誤解しないでいただきたいんです。
私たちは戦争が好きなんじゃありません。
戦争の起きないような世の中をつくろうとしているんです。そのためには善悪と
は何か、正義とは何かということを地球レベルで明確にする必要があるんです。

いいですか。それを今、この広島の地で、私は高らかに申し上げたい。
広島の地で、皆様方が再び戦争の惨禍がないようにと祈り、反省することはよろしいことですけれども
、その中に「主語」がないことが多い。ですから、他国に対して侵略的意図をもって核
兵器を使うことが二度とないようにというメッセージを、広島から発信しなければなら
ないんです。
ご通行中の皆さま、ありがとうございます。
私、幸福実現党総裁、大川隆法でございます。

幸福実現党はただただ受け身で待つのではなく、積極的に世界の平和を実現すべく努力
いたします。決定的に世界の平和を、最終的な平和をつくるべく、世界を一つにします。
その価値観の対立、根本的な憎しみや怒り、憎悪を解決するためにつくられた政党であ
ります。私たちはこのことに対し、深い深い思い入れをもっています。自負の念を持っ
ております。
今、広島に来たからには、私は二度とこの日本を核兵器の被害国にはしないことを約束
します。どの国にも侵略させず、どの国の植民地にもさせないということを強く誓います。
そのためにどうか、私たちを支援してください。お願いいたします。
これが今日のお願いの第一点です。
ご通行中のみなさま。幸福実現党総裁、大川隆法が挨拶に参りました。
私が今日、訴えたい第二点目は教育の問題です。
90年代からゆとり教育といって、全国の公教育が内容が削減され、
日本の教育の国際水準が非常に落ちました。
そのゆとり教育の発信源は、この広島にありました。みなさんご存知のとおりです。
当時の文部省から派遣された寺脇さんが教育委員長に就任してから、広島でゆとり教育が、
やはり始まったと見ていいと思います。
その結果、全国での教育レベルが下がりました。
そして今、失業者が増え、派遣問題、いろいろと問題になっておりますけれども、
派遣社員が次々とクビになる理由は、彼らが受けたゆとり教育のレベルが低すぎて、
正社員で使えない。そういうことが言われているんですよ。
だから、広島っていうのはもともと教育県だったじゃないですか。
非常に教育熱心な県だったでしょう。
私は四国の出身ですけれども、校長先生や教頭先生はほとんど広島大学の
教育学部から来ていましたよ。西日本の誇りですよ、広島は。
その教育レベルを下げたのであれば、それを回復するのもまた広島の使命である。
私はそう感じるものであります。
ですから皆さん、広島からもう一度、日本の教育を復興させていこうではありませんか。
そう、強く強く願うものであります。広島から日本の新しい教育を進めていきましょう。
公教育を無駄にすることなく、その中で立派な公教育をし、また人間としての正しい道徳心、
倫理観をも教えましょう。
そして、世界に素晴らしい国をつくっていきましょう。
それが私たち幸福実現党の考える、幸福実現の意味の一つであります。
どうか、皆さんの今後とも、ご支援を賜りたく、心からお願い申し上げます。
ありがとうございました。
それから今日は、候補者として山本かずのりさんがいらしています。
彼は経営の経験もあり、国際的な才能にも恵まれており、また、いじめ問題では、
この中国地方で非常に活躍した方であります。この方こそ、きっと地元広島において、
皆様方を助けてくれる方であると強く信じるものであります。
彼を心から推薦いたしますので、どうか彼を応援してください。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カウンター





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。