ブログ
勝手
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆18日街宣② 午後2時 滋賀県・大津のパルコ前
みなさん、こんにちは。滋賀県のみなさん、お元気ですか。暑い夏、本当にご苦労様です。私はこの度、立候補いたしました、幸福実現党総裁、大川隆法です。この近畿の地から立候補することになりました。

何しろ、私は関西は関西弁が通じるので、私にとってはやりやすいのです。私の言葉が100%通じるから、ここはやりやすいので、関西に来たかったのです。しかも、近畿ブロックは、人口2000万人を抱えている最大の選挙区なのです。最大の選挙区で総裁が戦わないで、他に戦うところはないじゃないですか。東京で出る予定でしたが、東京は1300万人しかいないんですよ。ここは2000万人いるんですよ。

それだったら、幸福実現党総裁は、関西の立候補者全員を当選させるために、関西に張り付くべきである。そういうことで、調整をいたしておりましたが、最後は関西になりました。皆様と共に頑張ってまいりたいと思います。

幸福実現党の主要政策は、すでにお話はあったかと思いますが、主として2つです。

一つは日本の戦後60数年の戦後体制を見直すということ。憲法9条にあぐらをかいて、自国の平和を、安全を、外国にすべて委ねてしまう考え方は、これだけの世界第二の大国になって、もはや許されない。大人の国として我々には許されないということです。それをみなさんにも分かっていただきたいのです。

今日、8月18日は総選挙の公示日です。ですから、日本全国選挙で一色です。しかし、海を隔てたお隣の国韓国では、今日、ロケットの発射実験やるそうですよ。

なぜ韓国がロケットの発射実験をやるか。

それはわかっていますよ。北朝鮮のミサイルに対抗するためですよ。韓国のほうが経済力が上ですから、防衛するという姿勢を明確に示したら、経済力が上の韓国が強くなるに決まっています。それは抑止力になるからです。ですから北朝鮮は韓国に攻撃を仕掛けることができなくなります。

韓国より、この日本は経済力がはるかに大きいんですよ。この日本が本気になって、国防に取り組むとなったら、北朝鮮なんか手も足も出なくなるんです。みなさん。
自分たちの手でこの国を守れるのです。実際に戦争なんてする必要ないんです。

この経済大国、世界第二の大国が、「自分たちの国は自分たちで守る」とはっきりと言って、その気概を示したら、北朝鮮なんてもう手も足もでないんですよ。出るわけがない。戦争する必要なんて、まったくありません。
「本気でやる気ですか」といえば、それで終わりなんですよ。ですから、国家のトップにそれだけの気概があったら、この国は守れるんです。人が死ぬ必要なんてないんです。国力がいったい何十倍、何百倍あると思っているんですか。

この国が、「そうですか、ミサイルの撃ち合い、したいんですか」と北朝鮮に言ったらそれで終わりなんですよ。そうしたら一発も撃てませんよ。当たり前です。
ですから、足りないのは、国家のトップ、政治リーダーの気概だけなんです。それが足りないんです。その人に気概があって、「この国民を守る」とはっきり言ったら、この国の防衛は終わりなんです。
それなのに、いまだに60数年前にアメリカから下された憲法9条が「この国の平和を守っている」と信じさせられている人がたくさんいる。学校教育を通じて、日教組を通じて、マスコミを通じ、社民党、共産党を通じて、「憲法9条がこの国を守った」と信じ込まされている。しかし、それは嘘です。

日本の国を守ったのは、日米安保です。アメリカと同盟を結んでいるから、この国を攻撃するところがなかったのです。
憲法9条が言うように一切の戦力不保持で、「一切戦争をしません」ということであったら、どんな小さな国でも日本を占領できるんですよ。だからそこが間違っているんです。考え違いをしているんです。
それを正す必要があるとうことを、まず申し述べておきたいと思います。
私たちが言っていることは、右翼の思想や、ましてやウルトラ右翼の姿勢ではありません。これは国際スタンダードです。国際標準なんです。世界の常識なんです。それを言っているだけです。私たちはただの常識人です。常識を持っているだけです。良識を持ってるだけなんです。
それを一点、当たり前のことを当たり前に言えないこの国の指導者が恥ずかしい状況にあるだけなんです。国家として、明確な指針をはっきりとしたら、それで終わりです。

ですから、それを選挙対策のために言うことさえできない政党に政権を渡しては相なりません。今のマスコミの報道や世論調査によれば、民主党を中心とする野党政権ができるようなことが言われているけれども、野党政権といっても、民主党と社民党と共産党が、どうやって組むんですか。

たとえば、ソマリア沖の自衛隊派遣も、民主党はオーケーと言っていますが、社民党と共産党はダメですよ。どうやって政権やるんですか。すぐに政権崩壊しますよ。来年また選挙ですか?
勘弁してくださいよ。衆議院には700億もの税金がかかっているんです。民主党の岡田幹事長が、「4年間は解散しない」と言っています。それはお金がないだけなんです。民主党にはお金がない。なぜなら死んだ人の「故人」献金はありますが、個人個人の献金がないのと、企業献金がないからです。政党助成金だけでやっているのが民主党です。だから4年間、解散したくない。

でも、社民党や共産党と組んだら、外交問題であっというまに、紛争が起きます。アメリカも「このままだったら日米安保は危ない」と警告しているんですよ。北朝鮮が核兵器を持ったらその段階で白旗あげて降伏する気ですか?
鳩山さんはそうらしい。一人だけ降伏するのはかまいません。

私たちは嫌です。私たちは日本国民を守る義務があります。絶対に許しません。こんなことは。たった一人の判断でそんなことは絶対に許さない。

ですからいま、野党に政権を譲ってはなりません。これだけははっきりと申し上げておきます。

だから、自民党の議席が減るという予想が出ていますが、減った議席そのまま民主党に流したら、絶対にいけませんよ、みなさん。減った議席はまるごと、幸福実現党に入れさせるんです。いいですか、みなさん、選挙当日は「幸福党」と書いてもよいように、短くしておきましたから。「実現」が難しいから、「幸福党」でもいいことになっているから、ね。これ、入れるようにしてください。

それから、消費税の5%を廃止すると言っていますが、この国を潰そうと思ってやっているわけじゃないんです。今は、消費が冷え込んだ結果の不況なんです。一時的に好況になったように、いま新聞には載っていますよ。

これは選挙対策用なんです。選挙対策用に、統計の数字をいじって、いいところだけつまみ出して発表して、選挙終わったら悪い数字がでてくるんです。それがいつもの政府のやり方なんですよ。

だまされたらいけませんよ。だまされたら。まだ景気回復していませんよ。それは街にでたらわかりますよ。まだまだ景気回復なんてしていない。

だから私たちは消費税廃止といって、徹底的に減税路線を敷きます。それで景気の浮揚をはかります。そしてみんなに大型の消費景気を起こしてもらいます。これから3年間です。

これからはもっと長期的な視野に立って、日本全国にリニア新幹線を引きます。また、日本からアメリカ、日本からロンドン2時間以内でつくようなスペースシャトル型の旅客機をつくって、世界を短時間で結びます。

リニア新幹線は、東京と大阪を1時間で結びます。東京と大阪は通勤圏なんです。もちろん、ここからだって滋賀からだって通勤できますよ。それはいいことですよ、みなさん。世界はものすごく距離が短くなるんです。すばらしいことですよ。これで景気浮揚をはかります。

そして高度成長を再びつくります。税収の心配なんてまったくありません。幸福実現党と書けば、それで終わりです。景気回復も、日本の成長も、日本の未来も、これで完成です。

だから、間違っても、自民か民主かというような「政権交代選挙」なんていうものにだまされてはいけません。

そうではなくて、これは「新しい選択」です。そして「幸福維新」の始まりなんです。
我々こそが、日本の未来をリードしていく政党なんです。我々は本日、337人の日本一の立候補者を出す政党として、天下にその名をとどろかせました。

目指せ、第一党です。第一党です。もう一回言います。第一党です。志は決して崩してはなりません。第一党です。この国を救うためには、第一党になるしかありません。

だからみなさん、頑張ってください。友人、知人、それからすべての人に、幸福実現党と書いてもらってください。そうすれば、この国の未来は安心して任せていただいて、あとは琵琶湖のほとりで昼寝していただいたらいいです。

いいですか。幸福実現党でお願いします。
スポンサーサイト

コメント
こんにちは
「さとうふみや」の勝手連応援さま

記事借用させていただきました。

オーパの幸福実現党応援宣言!
http://elhappy.blog51.fc2.com/

by ohpa
[2009/08/20 09:40] URL | ohoa #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カウンター





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。