ブログ
勝手
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党・鳩山代表の虚偽献金。「脱税」工作の疑惑が浮上?
鳩山さん
あなたも次から次へボロが出てきてますね。
政権交代の受け皿もヒビだらけ。
ふみお


民主党・鳩山代表の虚偽献金。「脱税」工作の疑惑が浮上?
000583.jpg


 小沢一郎、鳩山由紀夫と民主党代表(の秘書)が2代続けて虚偽記載をした。「政治
とカネ」に絡むスキャンダルだ。民主党の正体を垣間見るようだ。

 鳩山代表は偽装献金の事実を認め陳謝したが、自民党は与党プロジェクトチーム(P
T)で徹底的に追及する構えだ。PTの本当の狙いは虚偽記載もさることながら「脱税
」疑惑だという。
 献金すれば税控除が認められるが、架空献金ならどうなるか。しかも、献金は鳩山氏
個人の資産を原資とした可能性が濃い。
 「脱税の疑いもある。しかも大掛かりな。政治資金規正法違反や詐欺の疑いもある。
原資を明らかにすべきだ。鳩山代表は『秘書が独断でやったこと』と釈明して逃げ切る
つもりだろうが、今回の問題は根が深い。法律違反であることは間違いない。鳩山氏は
けじめをつけるべきだ」(自民党幹部)
 小沢前代表同様にトップが「政治とカネ」で対応に追われる。民主党は清廉さを売り
にした党とはいえなくなった。しかも鳩山代表のケースは、すでに死亡した人や、一度
も献金したことがない個人献金者として政治資金収支報告書に載せていたという。詐欺
同然のことを公党のトップがやっていたのだから不信は募るばかりだ。
 虚偽記載は193件で架空の献金額は資料が保存されている05年以降で2100万
余円。約90人が名前を使われた。死亡している〝故人献金〟や献金者捏造だけでなく
住所が図書館だったりなどの「架空住所記載」もあるという。
 脱税疑惑の他にも出所を明かせない〝裏献金〟は入っていなかったか、疑惑は深まる
ばかり。
 政治資金規正法は、収支報告書に虚偽の記入をした場合、禁固5年以下、または罰金
100万円以下を科すと定めている。鳩山代表のケースはこれに抵触するわけで、責任
はまぬがれないだろう。
 さらには、献金の原資が鳩山氏個人の金だったとすれば、「脱税工作」の疑いも出て
くる。個人の金と政治資金、幽霊献金が「ごちゃ混ぜ」で、ことは厄介きわまりなく簡
単には収まりそうにない。
 一方で献金ルート、人脈を追及する動きも出てきている。世論の反応次第では、党内
もけじめ問題で揺れることも予想される。もしも、そうした事態になれば、民主党代表
の座に留まることも難しくなってくる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カウンター





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。