ブログ
勝手
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮が短距離ミサイルを追加発射、合計3発
本当に国難が迫ってきています。
福岡あたりにミサイルが落ちてきてからでは遅いんです。
さとうふみやさんに期待します。
ふみお


北朝鮮が短距離ミサイルを追加発射、合計3発
7月4日12時22分配信 聯合ニュース
2009070412253015.jpg


【ソウル4日聯合ニュース】北朝鮮が4日午前、東海上に短距離ミサイルを計3発発射した。
 政府関係者が伝えたところによると、北朝鮮は8時から8時半の間に、江原道安辺郡の
旗対嶺ミサイル基地から東海上に短距離ミサイル2発を発射、続いて10時45分ごろに
同地から1発を追加で発射した。
いずれも射程距離は400~500キロメートルほどと把握されている。
 軍当局はミサイルの射程距離に照らし、ひとまずスカッドクラスとみているが、
中距離弾道ミサイル「ノドン」の射程距離を縮めて発射した可能性も排除していない。
どちらにしても、韓国全域を射程内に収めている。北朝鮮のスカッドクラスミサイルの発射は
2006年7月5日以降、3年ぶり。
 北朝鮮は2日にも、咸鏡南道咸興市の南、新上里基地から「KN-01」短距離ミサイル4発を
発射している。北朝鮮は先月初めから、旗対嶺基地で3000キロメートル以上の
新型中距離ミサイルと「スカッド」、「ノドン」を発射する動きを見せてきた。

 北朝鮮は現在、射程距離300キロメートルの「スカッドB」と射程距離500キロメートルの
「スカッドC」、射程距離1300キロメートルの「ノドン」、射程距離3000キロメートルの
中距離ミサイルを作戦配置している。

 合同参謀本部関係者は、「4日に発射されたスカッドミサイルは先のミサイルと異なり
大気圏に向かって進み、落ちるもので、短距離の中でも比較的射程距離が長く危険度が
高いとみられる」と話している。
また、2日のミサイルは軍事訓練の意味合いが強いと分析されているが、今回は米国の
独立記念日を翌日に控えて発射されたことから、政治的目的が色濃いようだと伝えた。
軍は強力な韓米連合態勢を土台にいかなる北朝鮮の威嚇や挑発にも対処できるよう、
万全の準備態勢を備えていると述べた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カウンター





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。